経営年数100年以上の企業の経営スタイルと経営哲学を研究しています。調査・研究成果を発表してゆきます。

資料

第27回:家族主義と実力主義と、過去10年の経常利益の平均:ヨコ比較

27-1

 前回のタテ比率と違って、各々の主義の会社には、どういう経営成果の会社が多いのか、というのがわかる図・表です。一つずつ見てみましょう。

「家族主義」の会社は赤字の会社はありませんが、2/3は0.数%~1.9%の範囲にあります。よって、利益率のよい集団とは言えません。
一方、「実力主義」の会社は2%以下に4割があり、5%以下にも4割を超える企業があります。相対的に「家族主義」のほうは低く安定しており、実力主義はよい企業とよくない企業のバラツキがあり、「家族主義」よりは若干高めの経営成果を上げている、と言えそうです。
「やや家族主義」では、73.3%が2%以下と5%以下のところにあり、「やや実力主義」では79%がその範囲にあります。そして10%以下と11%以上では「やや家族主義」が25%,18.4%が「やや実力主義」でした。そして、赤字企業は「やや実力主義」のほうが少し多かったようです。これらを見ると、「やや家族主義」のほうが経営成果は高く、経営が安定していると言えそうです。

筆者は、経営の力学によく遠心力と求心力という例えを使います。遠心力は外に拡がろうとする力ですから、会社が売上や企業の規模が拡大する力のことです。求心力は逆に、中心に向かおうとする力ですから、最終損益に向かっていくので必ずしも売上の拡大を望んでいるわけではありません。家族主義は求心力、実力主義は遠心力と考えられますので、やや求心力が強いぐらいが経営成果としては安定していると言えそうです。しかし、あまりに求心力が強いとそれも困りまして、低成長低利益体質になってしまいます。つまり、社員の雇用を守ることが第一優先になって、会社の利益よりも強い存在意義になります。それは素晴らしいことではありますが、やはり会社としては伸びない。いずれじり貧になってしまう可能性もあります。
このようなことから、「やや家族主義」=やや求心力の強い会社、ぐらいがちょうど経営の進展には適当であることが、この数値から読みとれます。

第13回:長寿企業における労働組合の有無と損益計算書のこだわり第1位

単位:%
  売上高 原価 粗利益 販売
管理費
営業
利益
経常
利益
当期
純利益
合計
有り 15 2 10 0 23 31 19 100
無し 21 2 11 0 25 28 13 100
誤差 -6 0 -1 0 -2 3 6 0

長寿企業で、労働組合のある企業と無い企業には、損益計算書へのこだわりに、何か有意な差があるかどうかを見たアンケート結果です。これを見る限り、それほど大きな差はないようです。あげるとすれば、売上高には無い会社のほうが、若干、こだわりが強く、当期純利益については、労働組合が有る会社のほうが若干、こだわりが強い、ということでした。

また、どちらも経常利益に最もこだわっている、ということもこの表からわかります。そして、経常利益と当期純利益の間には10%以上の差がありました。この二つの数字の間には税金の支払いがあるだけではなくて、不良債権の処理や株式や債権の売却損益などがあります。労働組合の有無が、金融収支や特別損益の経営判断に影響を及ぼすのは小さい、ということが言えるようです。

また、原価や粗利益にはあまりこだわっていない、ということも表の左の項目から読みてとれます。営業利益から当期純利益までで、労働組合の有る企業は73%(約3/4)、無い企業は66%(約2/3)がこだわりをもっているようです。もともと長寿企業には保守的な企業が多いと考えられますが、労働組合のある企業は、無い企業よりも、それが若干、強くなっていることがわかります。
著者プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ