経営年数100年以上の企業の経営スタイルと経営哲学を研究しています。調査・研究成果を発表してゆきます。

要素

第84回:100年超企業10社の言説から特徴を捉える

3)キーコンテンツの分類と経営の6つの要素

経営者の構造化調査の内容から各項目ごとに、重要なポイントを述べている箇所を抽出して、それを経営の6つの要素で分けました。結果は以下のようになりました。

ヒト:25  モノ:16  カネ:20  技術:17  情報:13  経営哲学:33

長寿企業が経営を長らえるのに、どのような問題があって、いかに克服してきたのか。それらの問題の起点が何になるのか。その解決の方途は6つの経営要素の中で、何に関わるのか、という点で分けたものです。件数だけを見ると、経営哲学が最も多くなりました。これは長寿企業の経営の継続性を聞いている質問が主体でありましたので、そのような結果になることは予想できました。
ヒトと経営哲学というのはかなり近い要素です。経営哲学を作るのはヒトですが、それを普遍化し、洗練させ、維持・継続してゆくのは個人ではなく企業です。あくまでも個人の考え方であり、問題意識であるならば、ヒトに従属させているので、ヒトそのものに問題の焦点があります。
ここから言えるのは、経営者達が述べる「長寿企業の経営に大切な要素」では経営哲学が最も大事であり、次にヒト、そしてカネが3番目にきました。ヒトというのもほとんどが経営者に帰結する問題なので、仮にヒトと経営哲学を合計したら58になり、これは全体の47%に上ります。約半数がヒト、つまり経営者のあり方と経営哲学に、長寿企業が経営の継続性の重要ポイントを置いていることがわかります。

84回まで続いてきたこのブログですが、今回で一区切りを迎えさせていただくこととします。
来月、11月には経営史学会で、筆者が「社史の可能性」について研究・発表をおこないますが、それは今回の長寿企業の研究と、経営する出版文化社の750点ほどの社史の制作経験から導き出された発表内容です。
この後は、ここに執筆したブログを再編集して、添削をし、1冊の書籍にまとめて出版いたします。そして、11月に発表する社史の研究についても、続けて書籍にまとめて、出版いたします。どうぞ、このブログで関心を持っていただきましたら、ぜひ、引き続きご厚誼をいただきますよう、お願い申し上げます。
長い間、お読みいただき、ありがとうございました。
皆様の経営が、一年でも、一日でも長く継続し、お客様、社員様とのご関係が末永く続いてゆきますことを、心から祈念し、擱筆いたします。

浅田厚志

第37回:売上の拡大、維持に重要なこと

長寿企業には、長年取引をいただいている安定した取引先があると思っていました。長寿企業が顧客によって発展もし、顧客によって潰れもする、という考えをもっていることは、前回までに説明してきました。しかし、現在の顧客一辺倒ではないことが、この質問でわかります。

37グラフ

それはトップに「新規顧客の開拓」が28.4%を獲得しており、第2位に「新商品・新製品の開発」が26.3%で上がっていることからわかります。それらを合計すると54.7%になり、十分な過半数をとっています。つまり、新しい商品・製品を開発して、新しい顧客を開拓するという、既存の顧客だけではなく、まだ見ぬ顧客に目を向けていることがわかったのです。
答えの中にある「新しい流通の開拓」や、「新規取扱店の開拓」も新しい顧客の開発の一環として考えられるので、これらを合計すると、実に67.5%と2/3の企業が新規の顧客開拓をあげています。ということは、長寿企業はたいへん新規顧客の開拓に熱心であることがわかります。もっている顧客は砂のように流れ落ちてゆくことを経験的に理解していますので、現在の顧客を守っていくだけではやってはいけない、ということを歴史から学んでいるのです。

前回調査で、売り上げ好調時でも品質にこだわっている会社は50.5%社でした。それに今回の答えをあわせると、現在の商品で売上を増やすことを考えながら、つねに新商品を開発し、もって新しい顧客を開拓すると考えているようです。
長寿企業はつねに新規顧客開拓にいそしんでいる姿が浮かび上がりました。この取り組みが、実は長寿企業になる秘訣のひとつと言えそうです。
著者プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ