経営年数100年以上の企業の経営スタイルと経営哲学を研究しています。調査・研究成果を発表してゆきます。

情報共有

第70回 アンケート調査から見える長寿企業の平均像

8.成功事例と失敗事例の共有化

今回の調査で導き出された長寿企業の経営で特筆できるのは、成功事例と失敗事例の共有化についてでした。成功事例について「やや共有してきた」と「共有してきた」をたすと実に65.4%、2/3が共有することを意識してきました。逆に、「あまり共有してこなかった」「共有してこなかった」をたしても8%にしかならず、共有してきた会社はその8倍以上になります。
次に失敗事例ですが、「やや共有してきた」と「共有してきた」をたすと60.2%となり、過半数で共有化してきたことがわかります。
長寿企業では歴代経営者の79.6%は同族であり、取締役の過半数が同族者であり、株式の76.1%を同族で保有しています。経営の全権をもっているということは成功例も失敗例も、ともに同族者達が行っている可能性があります。よって、成功例は共有しやすいが、失敗例は葬り去られるのが通例と考えていました。そこはさすがに長寿企業です。60.2%もの高率で失敗例も共有化していました。その具体的な方法まで今回は調べませんでしたが、この成功例、失敗例の共有化は今回の調査対象となった長寿企業の重要な経営メソッドのひとつと考えられます。

第31回:成功事例と失敗事例の共有

31-01

共有してきたとやや共有してきたの合計は65.4%となり、2/3になりました。成功事例の共有は、仕組みを作っているほどではないとしても、多くの企業でされているようです。成功例というのは、目立ちますし、業績に如実に反映し、しかも成功であることを当事者達も吹聴するでしょうから、おのずと共有化されるケースがあると思います。

31-02

一方、失敗事例については、成功事例よりもやや落ちました。共有してきたとやや共有してきたの合計は60.2%でした。失敗事例というのはやはり共有しにくいものです。とくに、それが代表者やオーナーの家族が絡んでいる場合はなおさらです。それでも60%を超えているのは立派と言えるのではないでしょうか。
特に、失敗事例の共有というのは、そこから学び、二度と繰り返してはならない、ということは重々わかってはいるのだけれど、汚点を残す、というのはやはりやりにくいものです。また、会社と経営者に謙虚さと自信がないとできないことであります。
それでも成功事例と失敗事例の「共有化してこなかった」というのは思っていたよりもはるかに数値が低かったので、安心したと言うか、喜びました。

東京にある、創業397年の会社の代表者(同族で17代目)にインタビューをしたとき、その方は成功例はもちろん、失敗例もすべて開示し、共有化していると答えられました。「すべて」というのはなかなか言えないことですし、できないことです。しかし、他の社員さんがおられる前で、明確に答えられましたので、偽りのないことです。ほんとうに立派な経営者だと思いました。
この成功例と失敗例の共有をしている率の高さは、長寿企業になるための、ひとつの秘訣であると考えられます。
著者プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ