長寿企業の経常利益の現状と、先代経営者から引き継ぐ要素として「情報」を大事に考えている経営者の回答を掛け合わせたものです。ここからは経営の利益率と情報への関心の強さに関係があるかどうかがわかります。

59図表

「情報」は外からもたらされる情報だけでなく、社内で生み出して交換される情報、つまり意志決定の経路や会議体のあり方も、情報の仕組みとして考えています。もちろんIT系の情報システムも含まれます。
「カネ」「技術」と比較すると、一目瞭然の違いです。赤字会社以外のグループで「重要」は2位となっています。特に、11%以上のグループで「重要」は、「どちらとも言えない」と同数の2位ですから、「情報」に対する評価は低いと言えます。
数量は別にして、順位だけを捉えると、11%以上の企業では評価が低く、赤字の企業では評価が高い、という結果です。これには何か意味がありそうです。高収益の会社は情報に頼った経営はしていない、ということであり、赤字の企業はいつもたらされるとも限らない情報に頼った経営をしているので、安定しないということでしょう。

59グラフ

同族の「やや重要である」と非同族の数を%に置き換えると、各々48%と43%です。「どちらとも言えない」以下の数字を%に置き換えると、合計で同族が27%、非同族が25%です。いずれも、非同族の人たちの評価が低いと言えます。情報については、先代からいただいても、あまり役に立たない、という認識は同族も非同族も同じですが、若干、非同族のほうが厳しい目に見ているようです。