経営年数100年以上の企業の経営スタイルと経営哲学を研究しています。調査・研究成果を発表してゆきます。

哲学

第84回:100年超企業10社の言説から特徴を捉える

3)キーコンテンツの分類と経営の6つの要素

経営者の構造化調査の内容から各項目ごとに、重要なポイントを述べている箇所を抽出して、それを経営の6つの要素で分けました。結果は以下のようになりました。

ヒト:25  モノ:16  カネ:20  技術:17  情報:13  経営哲学:33

長寿企業が経営を長らえるのに、どのような問題があって、いかに克服してきたのか。それらの問題の起点が何になるのか。その解決の方途は6つの経営要素の中で、何に関わるのか、という点で分けたものです。件数だけを見ると、経営哲学が最も多くなりました。これは長寿企業の経営の継続性を聞いている質問が主体でありましたので、そのような結果になることは予想できました。
ヒトと経営哲学というのはかなり近い要素です。経営哲学を作るのはヒトですが、それを普遍化し、洗練させ、維持・継続してゆくのは個人ではなく企業です。あくまでも個人の考え方であり、問題意識であるならば、ヒトに従属させているので、ヒトそのものに問題の焦点があります。
ここから言えるのは、経営者達が述べる「長寿企業の経営に大切な要素」では経営哲学が最も大事であり、次にヒト、そしてカネが3番目にきました。ヒトというのもほとんどが経営者に帰結する問題なので、仮にヒトと経営哲学を合計したら58になり、これは全体の47%に上ります。約半数がヒト、つまり経営者のあり方と経営哲学に、長寿企業が経営の継続性の重要ポイントを置いていることがわかります。

84回まで続いてきたこのブログですが、今回で一区切りを迎えさせていただくこととします。
来月、11月には経営史学会で、筆者が「社史の可能性」について研究・発表をおこないますが、それは今回の長寿企業の研究と、経営する出版文化社の750点ほどの社史の制作経験から導き出された発表内容です。
この後は、ここに執筆したブログを再編集して、添削をし、1冊の書籍にまとめて出版いたします。そして、11月に発表する社史の研究についても、続けて書籍にまとめて、出版いたします。どうぞ、このブログで関心を持っていただきましたら、ぜひ、引き続きご厚誼をいただきますよう、お願い申し上げます。
長い間、お読みいただき、ありがとうございました。
皆様の経営が、一年でも、一日でも長く継続し、お客様、社員様とのご関係が末永く続いてゆきますことを、心から祈念し、擱筆いたします。

浅田厚志

第60回:過去10年の経常利益の平均、および同族、非同族と、先代から受け継ぐ要素:経営哲学

長寿企業の経常利益の現状と、先代経営者から引き継ぐ要素として「経営哲学」を大事に考えている経営者の回答を掛け合わせたものです。ここからは経営の利益率と「経営哲学」への関心の強さに、関係があるかどうかがわかります。

60図表

この表で明らかなのは「2%以下」以上のところで、2位との圧倒的な差を付けていることです。1位でこれだけ2位と差を付けたのは「ヒト」に次ぐ数字です。つまり、赤字でない企業においては、「ヒト」が1位で「経営哲学」を2番目に重要視してきた、ということがわかります。
赤字のグループで1位と2位の差がほとんど無いのは経営哲学を軽視しているからかもしれません。逆に重視する事で、浮上するかもしれないチャンスがある事を示しています。

60グラフ

同族と非同族でわけた表ですが、ここに大きな違いが出現しました。同族の「やや重要である」と「重要である」の合計は82%ですが、非同族のそれは68%です。非同族の人たちは経営哲学は同族のものであると考えているか、非同族として経営をしてゆくのに先代からの「経営哲学」には若干の抵抗感があるのか。非同族の経営者が自分の経営哲学を浸透させるには時間がかかりすぎるので、「経営哲学」以外のものを重視しているということでしょう。「重要」を選んだ%では、55%と40%の差が出ています。これにも有意な差が出ていると言えるでしょう。

第22回:経営上で重視する分野

これは経営者に7つの質問をして、それに対する答えを、ヒト、モノ、カネ、技術、情報、経営哲学に分けたものです。下記が得点数と平均点でした。

質問は

 :過去の経営危機はいつ、どのようなものだったか
 :経営の危機をどのように克服したか
 :なぜ、長い歳月にわたって生き残れたか
 :よい経営には何が必要か
 :よい経営の継承の仕方、後継者の選び方
 :経営権と株式について
 :経営者の驕りをいかに防いできたか

というものでした。

ヒト:4.0 モノ:3.8 カネ:3.9 技術:4.1 情報:3.3 経営哲学:3.9

技術がわずかですが第1位になりました。技術は今回に行った経営者アンケートの質問「後継者として、先代から受け継ぐ重要なこと」でも6項目の中で第2位に入っており、今回の調査では経営の構成要素の中で高い位置を占めました。これは調査での大きな気づきでありました。
いままで経営の重大要素はヒト、モノ、カネと言われてきた時代から、新しい経営の構成要素が認識されている時代が始まっています。それだけマーケットや企業間での優勝劣敗や下克上が激しくなり、かつてのように、取引実績や人間関係、ブランドだけで注文をとることが厳しくなっていることを反映していると考えられます。老舗企業の経営者は、そのことを敏感に感じとって、「技術」「創意工夫」で勝負しなければならない、という認識を示したのでしょう。
技術と言っても、製造業に限りません。飲食業でも、調理の技術や顧客接遇の技術で、独自の方法を行っている企業があります。営業では販促や販売の技術、というのもあります。これは他社との差別化の最たるポイントと言えるでしょう。

そういえば私が所属しております出版業界でも、中公新書で一時代を築いた中央公論は倒産して、読売新聞の傘下に入りました。いまは著者の名前で本を買う人がほとんどで、出版社のブランドで本を選ぶ人は限られているでしょう。「同じテーマなら、値段が高くても岩波文庫を選ぼう」と考える人は、かつてはおられましたが、いまはどれぐらいおられるでしょうか。
ましてや講談社を、小学館を「同じ著者ならこの出版社を選ぼう」という読者を探すのは至難だと思います。出版業界はまだ日本語という非関税障壁で守られて、外国と勝負をすることはほとんどありませんが、他の業界では日常的に国内外での競争に曝されています。いま、技術による優勝劣敗があらゆる業界で起こっているのではないでしょうか。そこで技術にこだわっている長寿企業の戦略は、さすがだと言えます。
著者プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ