長寿企業の経常利益の現状と、先代経営者から引き継ぐ要素として「カネ」を大事に考えている経営者の回答を掛け合わせたものです。ここからは経営の利益率とお金への関心の強さに関係があるかどうかがわかります。

57図表

この表の1位と2位を見る限りは、11%以上の高収益・長寿企業と10%以下との差が見られます。ただ、ひとつずつを確認してゆくと、10%以下のところは1位と2位が19と17であまり変わりません。11%以上のところも7と6ですからわずかです。
しかし、赤字に向かって行くに連れて、1位と2位の差が開いてゆく傾向があります。
さて、これは何を表しているのでしょうか。利益率が低いグループほど、お金が大事と考えている経営者が多い、ということが言えそうです。

経営にはお金は大事、だけれどもそのために働いているのではない、という考え方があります。「やや重要」が第1位になった11%以上のグループの経営者は、そのように考えているのではないでしょうか。

57グラフ

各回答を選んだ経営者の人数ですので、差異がわかりにくいですが、横帯グラフでみると、比率に大きな差がないことがわかります。母数の大きさに違いはありますが、%で見るとほとんど変わらない。お金については同族も、非同族も同じ見方をしている事が伺えます。

今回の答えの特徴としては、「重要」と「やや重要」に大きな差がなかったということです。お金は企業にとっては「血液」のようなもの。いつも循環し、動いていないと、死んでしまう最も重要なものであることは確かです。しかし、それ自体が目的であるならば、血液であるお金は「やや重要」どころか「重要」を誰しも選ぶことでしょう。そうではなかったところが、成功長寿企業の特徴と言えます。
つまり、平均144年の経営を進めてきた経験から、お金があっても経営がうまくゆくとは限らない、ということをたくさんの事例を見てこられた長寿企業ならではの選択ではないでしょうか。