当社では、いままで日米間、日中間の出版活動を行ってきました。それは日本の本を米国や中国で翻訳出版をする、あるいはその逆を行うという活動でした。多くの場合は、日本国内の著者の希望が発端で、多少のコストは負担するから、米国で、中国で、私の本を出版してほしい、というご要望です。

昨年、インドでの出版の希望をもたれた著者があり、我が社で5刷まで売れた、人材マネジメントの考え方をまとめた本を英語にして、インドで出版しました。一度もインドに行くことなく、インド大使館の文化担当官と相談をして、実績のある出版社を選び、そこに企画を持ち込んで、費用関係の条件などをメールでやりとりをして詰めていきました。
そして本が出来上がったのが2011年4月。それからPRをして、7月には本を発売をするというので、時期を待っているうちに、インドをよく知っている著者が、「ほんとうに約束の初版部数を作ってくれているでしょうか。だまされているんじゃないですか?」と言われるのを聞いて、確かにわからないし、行ったこともないインドの出版でこのビジネスを成就しようと考えるのは甘い。またこのまま放置しておくと、著者の懸念を無視することになってしまうので、自ら出かけていくことにしました。8月4日のインドエアでデリーに飛びました。
初めてのインドで、珍道中でありましたが、旅行にまつわる細々としたアクシデントはここでは書かないこととします。
続きを読む