経営年数100年以上の企業の経営スタイルと経営哲学を研究しています。調査・研究成果を発表してゆきます。

このblogについて

成功長寿企業への道、出版のお知らせ

この度、「成功長寿企業への道」blogが書籍となって出版されることとなりました。
本blogに掲載されている内容に加筆修正を加え、図表やデータも見やすく整理しております。
タイトルも『成功長寿企業への道』となります。

cover


書籍の内容ですが、様々なデータと考察を83の項目で紹介しております。
以下、目次の中をご紹介します。

【目次】
第1章 成功長寿企業とは何か
第2章 成功長寿企業の経営スタイル
第3章 成功長寿企業の同族性と継承力
第4章 成功長寿企業と家族主義・実力主義
第5章 成功長寿企業と経営の6要素
第6章 成功長寿企業と社員持株会
第7章 成功長寿企業と労働組合
第8章 成功長寿企業の特徴
第9章 成功長寿企業社長10人の言説から特徴を捉える


成功長寿企業への道(浅田 厚志 著)
定価:2,100円
2012年12月20日完成
四六判, 240頁, 並製


となっております。

今回、ブログをご覧の方限定で、先行販売いたします。1月10日までにご予約いただいた方には、定価2,100円から2割引きの1,680円でご購入いただけます。12月25日より順次発送いたします。
ご興味のある方は、是非この機会にご予約下さい。


先行予約は終了しました。
Amazonや書店でもご購入いただけますので、ご興味のある方は是非お買い求め下さい。

第1回:成功長寿企業への道

朝の新聞を開くごとに、亡くなられた人々の数が増えてゆく。なんといたたましいことか。心臓がギューッとわしづかみにされるような感覚に襲われるのは、私だけではないだろう。心よりお悔やみを申し上げ、被災された方々の一日も早い復旧を、衷心よりお祈りいたします。
 
私はビジネス書の出版や、社史の企画・制作、アーカイブ業務を受託する会社を経営しています。と同時に、青学大大学院後期博士課程に籍を置き、「長寿企業の経営スタイルと経営哲学」を研究しています。
 
この研究を始めた理由は、社史やアーカイブを扱っている会社なので、長寿な組織にはもともと関心があったこと。次に、自身が経営する会社は27年目になり、そろそろ次世代に渡してゆく準備を始めるころとなりました。いま、53歳なので、経営者としてはこれからですが、経営の継承を万全にしようとすると長い時間がかかります。継承はどのようにするのがよいのか。経験を積んでこられている長寿企業に学ぶことから始めようというのが、もうひとつの動機でした。
 
経営者が、経営の移譲を考えるころになると、我が社にもっと大きくなってほしい、と思うより以上に、横ばいでも良いから潰れないでほしい、と思う気持ちのほうが強くなるのが、経営者心理です。
攻勢一辺倒でやってこられたソフトバンクの孫正義さんが「300年企業を目指す」*1と言われたことを受けて、「ソフトバンクも成長から経営の維持へ舵を切った」ということがわかります。企業規模は雲泥の差ですが、同じ年で、共に20代で会社を立ち上げ、同じ経営塾で学んでいましたので、多少の心象風景はわかります。
 
これから私が関わってきた社史の企画・編集、アーカイブサポート業務、そして大学院で調査・研究してきた成果をご紹介しながら、経営者や後継者の方々に少しずつ情報を発信してゆきたいと思っています。読者の方々からも、いろんなご意見、お考えがいただければありがたく思います。
毎週1回、木曜日に出す予定です。末永くお付き合いのほどお願いいたします。
 
*1:『カンブリア宮殿』(2010年7月19日放送)「孫正義の社長術」テレビ東京
 
著者プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ